スポンサーリンク

サンタゴスティーノ教会

サンテウスタキオ地区

1479年前後に建設され、18世紀半ばにヴァンヴィテッリによって内外部ともに回収されて、ファサードの渦巻き模様が加えられた。簡素なファサードでコロッセオから採取されたトラバーチンが使われている。縦横の長さが同じ、ラテン式の十字形の内部は三廊式で、多色大理石と班岩の半円形で装飾され、両側の礼拝堂には数多くの美術品が展示されている。クーポラを持つ最初の教会の1つ。

スポンサーリンク

ラファエロ作、『預言者イザヤ』

身廊左側3番目の柱にはアンドレア・サンソヴィーノ作の「聖母子と聖アンナ」の大理石の群像がある。その上にはラファエロ作、預言者イザヤのフレスコ画がある。

妊産婦のよりどころ、『出産の聖母』

「ネロ皇帝を抱いたアグリッピーナ」の改作と考えられている。1521年、同じくアンドレア・サンソヴィーノ作。ローマの妊産婦の信仰を集めている聖母像。今でも無事出産を終えた母親やその家族からの感謝の印としておしゃぶりなどの赤ちゃんを連想させるお供え物が多く見られる。

カラヴァッジョ作、『ロレートの聖母』

ここにもカラヴァッジョの作品があり、多くの訪問客を集めている。泥だらけの巡礼者の足の裏など、徹底した写実主義で描かれている。庶民の服を着た聖母のモデルは自分の愛人の娼婦をモデルとしたことで物議を醸した。

サンテウスタキオ イル カッフェ

サンタゴスティーノ教会から徒歩5分、サンテウスタキオ広場に1938年に創業された老舗のカフェがある。1948年製作のエスプレッソ・マシーンが今も使われている。薪で焙煎したブレンドコーヒーが有名。ローマで一番美味しいコーヒーとも言われている。コーヒー味のキャンディー、チョコレートやリキュールも買える。コーヒーの種類も豊富。

コメント