スポンサーリンク

ケスティウスのピラミッド

ローマ、オスティエンセにあるピラミッド テスタッチョ地区

古代ローマの執政官であったガイウス・ケスティウスの墓として建設されたローマにあるピラミッド、ケスティウスのピラミッド。

ガイウス・ケスティウスの遺言は、彼の死後330日以内に彼の墓としてピラミッドを建設するよう、330日以内にできなければ彼の遺産を相続することはできないとのことであった。

そのため、親族は急いで作業に取り掛かり、彼にふさわしい巨大なピラミッドを作り上げた。外部のみが白い大理石で飾られている。

ローマのピラミッドの内部

ピラミッドの内部にはフレスコ画の描かれた小さな部屋が1つだけあり、ガイウス・ケスティウスの遺灰が置かれていた。

紀元前3年頃には、ローマを防御するための外壁を大急ぎで建設する必要に迫られたため、ピラミッドを城壁の一部として取り込むことにした。資材節約と建設時間短縮に役立った。

ピラミッドのすぐそばにはサンパウロ門があり、その内部にオスティエンセ美術館がある。入場無料で高い位置からピラミッドを見ることができるので時間がある人はぜひ寄り道することをお勧めする。

現在はピラミッド内部の見学ツアーが定期的に開かれているので興味のある方はチェックしてみてください。

コメント