スポンサーリンク
レーゴラ地区

スパーダ美術館【Spada Gallery】

16世紀に建てられたスパーダ宮の2階にある美術館。この美術館で最も有名なのはボッロミーニが作った遠近法の柱廊である。またベルナルディーノ・スパーダ枢機卿による膨大なコレクションも必見。1927年から宮殿は全ての調度品とともにイタリアが所有し...
城壁外

サン・パオロ・フォリ・レ・ムーラ大聖堂【Basilica di San Paolo fuori le mula】

サン・パオロ・フォリ・レ・ムーラ大聖堂は、ユネスコ世界遺産に指定された壮大な建物。150本の円柱からなる柱廊があり、中央にある中庭には彫刻家ジュゼッペ・オビチによって建てられた聖パウロ像が、訪れる者を待ち受けているかのよう。 歴史 ...
ピーニャ地区

ジェズ教会【Chiesa del Gesù】

イエズス会を創設したイグナチオ・ロヨラが1551年にイエズス会の母教会を建設したいと計画し、1568年にファルネーゼ枢機卿の支援によって建設が始まったジェズ教会。建設を任されたのはファルネーゼ家お気に入りの建築家ジャコモ・ヴィニョーラ。バロ...
カンピテッリ地区

サンタ・マリア・イン・アラコエリ教会【Basilica di Santa Maria in Ara coeli】

教会はヴィットリオ・エマニュエーレ記念堂とカンピドリオ広場の間のカピトリーノの丘にあったユノー神殿の遺跡の上に建っている。この名前は、この場所で皇帝アウグストゥスの夢に、子供を腕に抱いた美しい女性が出てきて、「この乙女は人類の救い主を産むだ...
サンテウスタキオ地区

サンタゴスティーノ教会【Basilica di Sant’Agostino in Campo Marzio】

1479年前後に建設され、18世紀半ばにヴァンヴィテッリによって内外部ともに回収されて、ファサードの渦巻き模様が加えられた。簡素なファサードでコロッセオから採取されたトラバーチンが使われている。縦横の長さが同じ、ラテン式の十字形の内部は三廊...
モンティ地区

ドムス・アウレア『ネロの黄金宮殿』【Domus Aurea】

紀元前64年の大火の後、オッピウスの丘にネロ皇帝によって建設された豪華絢爛な宮殿で、敷地は80ヘクタールに及ぶ。当時最高の装飾が施された。金と大理石で覆われ、天井はスタッコで飾られていた。 コロッセオの名前の由来となった巨大ブロンズ像 ...
モンティ地区

サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会【Basilica di San Pietro in Vincoli】

サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会について知っておくと良い3つのこと 1.聖ペテロをつなぐのに用いられた鎖(ヴィンコリ) 2.ミケランジェロ作、『ユリウス2世墓碑』 3.ペスト流行時に描かれたフレスコ画 教...
トレヴィ地区

トレヴィの泉【Fontana di Trevi】

トレヴィの泉は平日昼夜を問わず観光客が大勢訪れる人気の場所です。2015年11月に16ヶ月にわたる修復工事が終了しました。約2億9800万円ほどの修復費はイタリアを代表する高級ブランドフェンディによって支払われました。真っ白に蘇った...
リーパ地区

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会【Santa Maria in Cosmedin】

ヘラクレス神殿の上に建てられたサンタ・マリア・イン・コスメディン教会は、6世紀に建てられた教会です。 正面には、観光客が真実の口に手を入れるために押し寄せる、7本の柱を持つ柱廊があります。 ロマネスク様式の高い鐘楼が7世...
お役立ち情報

【重要】電車・バスに乗るときの注意点!!

イタリアで電車に乗るとき、忘れてはいけない大切なことがあります。 それは、切符に日付と時刻を刻印することです。 刻印しないと罰金ですよ! treno - 列車 - 現地で購入した切符は、列車に乗る前に必ず刻印しなければいけません...
モンティ地区

サン・クレメンテ・アル・ラテラーノ聖堂【Basilica di San Clemente】

サン・クレメンテ・アル・ラテラーノ聖堂はコロッセオから簡単に歩いて行ける場所にあります。 コロッセオからサンジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂に向かってSan Giovanni in Laterano通りを約200mほ...
リーパ地区

真実の口【Bocca della Verità】

真実の口は2mほどの古い怪人面です。ローマ神話に出てくる森の神ファウヌスの顔を描いたものだと言われていますが、正確なところは分かっていません。 排水溝のマンホールであったという説が有力で、実際、水を流出するためであろう穴の開い...
スポンサーリンク