スポンサーリンク

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会

リーパ地区

時間

毎日 9:30~17:00 夏季は18:00まで。
(とのことですが、7月に行くと17:30で閉まっていました。絶対見たいなら閉まる間際は避けたほうがいいかも)

入場料

無料

住所

Piazza della Bocca della Verità

歴史

ヘラクレス神殿の上に建てられたサンタマリアインコスメディン教会は、6世紀に建てられた教会です。

正面には、観光客が真実の口に手を入れるために押し寄せる、7本の柱を持つ柱廊があります。

ロマネスク様式の高い鐘楼が7世紀に加えられました。

教会の名前はギリシャ語で装飾という意味の“kosmidion”からきています。教会にある多くの美しい装飾が評判であったためです。

ここでも教会でよく見られる柱によって中央と左右に分けられた3廊式の構造をしています。コズマーティ様式のモザイクで覆われた床はとても美しいです。このモザイクは幾何学的な模様や柄を作るため、様々な色や形や大きさの大理石で構成されていてます。大理石装飾技術において有名であった一族の名前にちなんでコズマーティ様式という名前で呼ばれています。

サンタマリアインコスメディン教会以外でも、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂、サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂やサン・クリソゴノ教会などで見ることができます。

これはサンジョバンニ大聖堂のコスマーティ様式の床です。参考までに

恋人たちの守護聖人である聖バレンチノの頭蓋骨が収められている聖骨箱があります。